comete

あ、ついつい他のSNS使いがちで、気がついたらブログの更新が滞っていた。。。。

 

今日は7/1に麻布十番にオープンしたブーランジュリーを。comete(コメット)。

実は去年友人宅でホームパーティーをしたときに「こちら、数カ月前にパリから帰国して、東京でパン屋さんをオープンしようと準備中のご夫婦」ということで小林さん夫妻をご紹介いただき、知り合ったのでした。とうとうオープン!




パンを作っているのはご主人の健二さん。デュ・パン・エ・デジデで6年も修行されていたとは知らなかった!

接客は奥さまのさやかさんと彼女のお母様。

ブルーが印象的な店内。見るからに色々おいしそうなパンが並んでいるのですが、まずは「コメット」を。ホール、ハーフ、1/4 と好きなサイズで買えるプレーンな食事パン。これがとてもおいしかった。

 

香り高く、もっちりしておいしく、かつクラストがハード過ぎずに誰にでも食べやすいような味わい。そしてお値段も控えめなのですね。。。「日常に食べられるパンを」と考えているというお二人の気持ちが現れているのかも。



クロワッサン、エスカルゴ、他にも色々端正なパンたちが並んでいます。



これがそのコメット (1/4 サイズ) 。

ちなみに別の日に購入したバゲットもかなり好みの味だった。バゲットも同様。おいしいのに食べやすい。多分Parisの味を日本人の口に合うようにアレンジしているんだろうなと思わせる。

 

知り合いだからというだけでなく、本当に良いお店なので、勝手に応援したくてしょうがない!というお店です。

 

---------------------------------------------------

 

comete (コメット)

港区三田1-6-6 

日、月定休

 


 

shino * パン * 22:36 * comments(0) * trackbacks(0)

Sincere シンシア

ようやく!
バカールが閉店になって1年くらいになるのかな、バカールにいた石井シェフが千駄ヶ谷に新しいお店をオープン。
バカールすごく好きだったのだけれど、途中から人気で全く予約がとれなくなっており数年ご無沙汰していた。

今度は北参道の駅から歩いたマンションの地下フロアに。
オープンした週で、まさかとれるとは思っていなかったのだけれど、何とたまたま予約サイトを見ていたら次の日の席に空きが。一瞬目の錯覚かと思ってもう一度見たら本当に空席が!
その場で職場の同僚の友達にチャットしてオンライン予約。相当ラッキーだったと思う。
(後から聞いたところ、たまたま予約人数に変更があり、お知らせ無しに席を開放したとのこと)

お店は完全なオープンキッチン。そして席がゆったり。私たちはたまたまソファー席に通していただき、すごくくつろげる空間だった。このときはまたコースは1種類のお任せのみ。どれもちょっとしたサプライズがあり、キレイでおいしく楽しかった。

お任せコースはデザート含め9品か10品くらいあったと思う。
この海老の前菜ははじめテーブルまでお鍋に入った生きた海老を見せてくれる。そこから調理。





形は違えど、あのバカールで定番だったカニ味噌のバーニャカウダソースの一品。相変わらずソース持って帰りたいくらい濃厚で旨味があっておいしい。





ちょっとわかりにくいけれどこれ、すごく面白かった!たい焼きの形をしているけれど、中は金目鯛のお料理。
タイヤキに似せたパイ包みお料理のようなこれまた楽しい演出。





2種類あるデザートのうちの最後のお皿はバラとショコラ。凍らせたバラとショコラで目に美しくお皿に描いた絵のような感じ。





ワインはソムリエの方が相談に乗ってくれる。
まずボトルでシャンパーニュを。ボトルで1万円以内のシャンパーニュが3〜4種類あった。





メニューというかシェフからのお料理紹介を兼ねたメッセージのような。
タイトルは「繋がり」





オープンキッチンでは石井シェフ含め4〜5人の方が忙しくお料理を作っている。その時々で、石井シェフがテーブルまでサーブしてくれることもあり、「バカール好きだったんです。」と伝えたら喜んでくださった。ファンは待望んでいたのではないかな。。

この先、またコースの種類を増やしたり、ランチも始めたりと色々発展しそうで楽しみ。
予約とれたらまた行きたいなあ。

--------------------------------------------------

Sincere (シンシア)

渋谷区千駄ヶ谷3-7-13 原宿東急アパートメントB1
shino * フレンチ * 19:15 * comments(0) * trackbacks(0)

サーモンアンドトラウト

ここも気になりつつ行く機会に恵まれなかったお店、サーモンアンドトラウト。ようやく。。。
友達に「行くなら絶対にカウンターを予約すべし」と言われて、アドバイスにしたがってカウンターを3名で予約。

コースは5,000円と8,000円の2種類。私たちは5,000円のほうで。お酒は自動的にペアリングで出てくる。
(友達の1人は日本酒が苦手なのでその旨伝えたところ、ワイン中心で出してくださった)

コースの最初はカブとサーモンに冷製トマトスープのかかった一品。
完熟トマトと青いトマトを使ったというソースがトマトそのもの。。。パクチーのお花が珍しかった。





そして、色々出てきた中でも一番盛り上がったのがやっぱりこれ。アフタヌーン・ティーならぬアフタヌーン・シー。貝づくし。
7種類くらいの貝それぞれに丁寧な仕事がしてある。上の段のムール貝にはイカ墨のパエリア、隣の白ハマグリにはグラタン。
下の段のフレッシュな貝にもそれぞれにソースとハーブなどの工夫がしてあって、貝を大満喫。。




そしてこれも楽しかったなー。フィッシュアンドチップス。
平らなスズでできた器の上にお料理を載せて、端からくるっと巻いて目の前に出される。
我々はその器を開いて食べる。これだけで楽しいし、また熱々の丸ごと揚げたお魚と甘みのあるポテトがおいしかった。





ひと通りデザートまで出てかなり満足。
ペアリングのお酒は1品ごとに1種類出てくる。6〜7割は日本酒だけどお料理によってはIPAビールだったりワインだったりとそれぞれ。私はお酒を大量に飲むタイプなので、もうちょっと欲しかったけれど、普通の人は十分なはず。

お店のジャンルはなんと言うのかな。モダンフレンチでもなく、オリジナルな。。。
楽しかった!
シェフの森枝さんが新宿ゴールデン街にオープンしたというレモンサワーのお店もかなり気になります。


-----------------------------------------------------

サーモンアンドトラウト
(salmon&trout)

世田谷区代沢4-42-7


 
shino * - * 12:38 * comments(0) * trackbacks(0)

Lien@池尻

何人かの友達から「いいよー!」とおススメされていた池尻のフレンチ、リアン。(Lien)
誕生日の夜に初訪問。。




カウンターも広くて明るくて良さそうだけれどこの日はテーブル席で。
ディナーはコースが品数によって3種類あるのだけど、3,900円、4,200円、4,700円とこの手のお店にしてはかなりリーズナブル。しかもそれぞれプリフィクスで前菜16種!メインやデザートも10種類くらいから選べるという嬉しいけどホントに悩ましいメニュー構成。

私たちは真ん中の4,200円のコースにした。
アミューズの後に前菜、そしてお魚料理、メインに最後デザート。
悩みまくって前菜は魚介のゼリー寄せ、下にはグリーンピースのムースが敷かれたものに。これも意外に量がしっかりあって嬉しい。ボトルでオーダーしたシャンパーニュと合います。



カリッと焼かれたアマダイの鱗焼きソテーの後にはメイン。
私はラムのハンバーグフォアグラ乗せ。これもしっかりボリューム。想像よりもどれもしっかり量がある。欲張ってCコースにしていたらちょっと食べ切れなかったかも。



選択したデザートのイチゴのパフェ。誕生日ということで、プリンも添えてメッセージプレートで出してくださった。




いいお店だったなー。人気なのも頷ける。ほぼ満席でした。
ワインのセレクションも高すぎずバランスよくフランスワインがリストされていた印象。
我々はボトルのあとにグラスワイン飲んだのでひとり1万円超えたけど、ここそんなに飲まない人なら、ディナーでフルコース食べてひとり1万円いかないと思う。

サービスの方も最初クールな印象だったけれど、実はフレンドリーでとても楽しく食事できた。
シェフが青森出身ということで、青森の食材が色々使われています。

※スタッフ(全員男性)が皆ステキで同行した友人は「次はカウンターにしよう!」と。。。笑


----------------------------------------

Lien (リアン)
世田谷区池尻3-5-22

http://lien-french.com/index.html

 
shino * フレンチ * 21:36 * comments(0) * trackbacks(0)

お蕎麦以外もおいしい、らすとらあだ

友人が貸し切りで予約をとってくれて、久々のらすとらあだ。いつも通りお任せで。
お酒はクラフトビールの後に日本酒に切り替え。



お料理も色々。手作りのお豆腐から始まり、ニラのおひたし、卯の花、そして何とカレーまで。このカレーがまたおいしかった。日比谷さんは冗談まじりに「カレー屋に転向しようかと思って。蕎麦屋体力的にホントハードなんですよ。。」と。いや、お蕎麦やめて欲しくないですが、このカレー食べるにカレー屋でもやれそうです。



これがまた良かった。寒い日にモツと鶏肉だんごのお椀。もちろんお出汁も香り良い。。モツもとってもキレイなのを使っているのだと思う。



いよいよお蕎麦が始まる。今日のお蕎麦は3種類。
まずは打ちたてのお蕎麦と4年熟成のものとの贅沢な食べ比べ。



続いて驚きの平打ち。前にいただいたものよりも薄い。口当たりなめらかで、そしてわさびとお塩と食べると喉ごしが良く、もっと食べたくなる。



最後は蕎麦の全粒粉で打ったというお蕎麦。日比谷さんは毎回お蕎麦の産地や打ち方を変えている気がする。



ここの蕎麦つゆも鰹節の香りでとても味がいいのだけれど今日はほとんどのお蕎麦をわさびと塩で食べた。
最後に蕎麦湯でつゆを味わう。

初対面の人も含め、最後はみんなで盛り上がって楽しい夜だった。

---------------------------------------

らすとらあだ

中野区本町2-41-2

 
Check
shino * うどん そば * 17:06 * comments(0) * trackbacks(0)
このページの先頭へ
 1/98PAGES >>